スポンサードリンク

スポンサードリンク


千葉県のクロスポにクーポンを使っていってみたら口コミどおりなのかな?

Pocket

以前、当サイトで紹介したことのある千葉県の京葉道路蘇我インター近くの「クロスポ」。

今、千葉で人気上昇中のクロスポ千葉浜野店。クーポン利用で得しちゃおう!>>>

千葉県では、人気急上昇中の室内遊園地ということで、とても気になっていたので実際に行ってみました。

妻と6才の男の子・2才の女の子の二人の孫を連れて、自宅のある東京の江戸川区から湾岸線浦安経由で、小雨の日曜日の午後1時に出発し、約1時間。

蘇我インターからは、5分もかからず迷わずに到着しました。

一階に駐車場もあり、元は、パチンコ屋さんかボーリング場の居抜きのような建物。20代のころ毎週ウインドサーフィンをやりに、この道はよく通っていたのですが、かすかな記憶では、たしか、ボーリング場だったような・・・。

さっそく、初のクロスポ体験!ワクワクしながら入場。

小雨が降ったりやんだりする日曜日。やっぱり、家族連れは考えていることはいっしょなのか、駐車場は、ラッキーなことに、最後の一台分に駐車!

車を降りて、入場入り口へ。

目の前にUFOキャッチャーが数台あり、右側に受付けカウンターあります。でも、その手前に、精算をする出口ゲートがあるのですが、出口ゲートで精算をしている人が多くて、受付カウンターがわかりづらかったです。

なので、近くにいたカウンターの奥にいたスタッフらしい人に「初めてなんですけど、どうやって受付けをしたらいいのですか?」と聞いたら、「すみません、お客さんじゃないんですぅぅぅ。」

はい、

スタッフだと思ってたずねた人は、お客さんでした。汗)どおりで私服を着ているはずだ!

その人たちの後ろに、笑うのをこらえていたスタッフを再度、聞きなおして、奥の受け付けに行き、「初めてなんですけど、どうしたいいんですか?」と聞き直したら、親切に、

「まずは、あちらの機械で会員登録をしてしてください。」

「そこ後、こちらで、ご利用方法を説明させていただきます。」とのこと。

自宅から1時間かけてやっと到着して、最初に、機械に向かって、一人ずつの名前やら住所やら、生年月日やら、結構、めんどくさかったです。ちょっと、テンション下がりました。

その後、受付けのお兄さんに、利用方法を聞いたのですが、ここで初めて、精算は、後払いということと、10分108円とあるけれど、利用時間によって自動でパックプランになることを理解しました。

あー、確かに、ホームページの料金表の上に「清算時にお得なパック料金に自動切換えとなります。」と書かれてありました。(正しくは、清算ではなく精算ですが・・・。)

とまあ、入り口から、すったもんだして、入場時間が14時42分。2時間くらい遊べれば、孫たちも、満足してくれるかな???と思いつつ、早速、入場!

スポンサードリンク

クロスポって、やっぱり、こんなものかと思いつつも、徐々に・・・。

入場ゲートを入ると、ジジ、ババには、耐え切れないほどのパチンコ屋さん並みの騒々しさ!BGMやらアナウンスやら子どもたちの悲鳴やら、ボーリング場の大音響などなど。。。

そして、目の前には、日本発の新感覚のクライミング「トリックアートクライミング」が現れます。

ネット上の画像。

  

実際の画像。

 

画像ではわかりづらいですが、大きなパネルに絵が書いてあるだけのような感じで、トリックアート感はほとんどありませんでした。ただ、高さ9mということで、結構な高さなので、20代の頃だったら喜んでトライしていたと思います。(笑)

かなり小スペースにいろいろなアトラクションやらゲームやらあるので、まずは、パンフレットを見て何からいろいろと体験しようか考えて、なんとなく2階がメインのようなので、エスカレーターで2階へ。

クロスポのメインっぽい、2階へ行ってみると・・・。

2階のこちらは、若者向けなのかな?「シューティングレンジ」や「サバイバルゲーム」・14レーンほどの「ボーリング場」が目に付きます。

その横に、やり放題のゲームコーナーがありますが、こちらも、なんとなく本格的な大人向けっぽいレーシングゲームや格闘ゲームが目立ちます。

  

ただ、ゲームコーナーの左奥には、子どもが喜ぶようなプロジェクションマッピング「アソビーツ」があり、壁に手を振ると映っている人形たちが反応してくれたり、床を歩くと、きれいな星型や雪の結晶のような光の足跡がついたりと、これには、孫たちも、喜んで走り回っていました。

  

そして、ゲームコーナーの奥には、「アスレチックコーナー」。ちょっと薄暗い部屋に小さなお山や壁の穴。なんとなく、孫たちと体験していたのですが、本当かどうか、「立ち入り禁止」のパネルが壁に貼ってあり、ちょっと中をのぞいてみたら、血塗りされた白衣やガスマスクをかぶった衣装、手術台のようなテーブル等々・・・。

なんとなく、見てはいけないようなものばかりで、本当に、入ってはいけないところだったのかな???怖)

超ビビリの6才の孫が、怖がって出て行ってしまったので、アスレチックは終了!

でも、2才の孫は、ツボにはまったらしく、入り口近くのお山にへばりつきっぱなしdした。

私としては、シューティングやサバイバルやボーリング・ゴルフシミュレーションなどもやってみたかったのですが、まぁ、ここは、孫たちが主役なので、断念。。。

その後、バスケットボールのゲームや太鼓の達人ゲームなどをしましたが、どれも、無料で何回も出来るとなると、なんだか本気にならないですね!?

  

そろそろ、1階に行ってみようということで、エスカレーターに向かったのですが、エスカレーターの手間前に、「何これ?」と思わせるようなVR(バーチャル体験)コーナーがひっそりありました。

ちょうど、これから体験する子どもがいたので、脇からちょっと拝見。

それが、これです!ジャーーーン!

画面に合わせてスタッフが、いすを動かしていました。また、風もドンキホーテで買ったような扇風機・・・。

これ、VR機器があれば、家でも出来そうですね!?(大笑)

さすがに、これはないよな~。と思いながらも、ある意味、別の感覚で体験してもいいのかな???

と、笑いながら、VR体験を横目に、1階へ。

スポンサードリンク

子ども連れの家族には、一階がおすすめ!

今回、このクロスポに来た目的のひとつに、「釣り堀」がありました。

6才の孫は、以前、家族で八景島シーパラダイスに行った時の「釣り堀」で、大量のアジを釣ったのが相当楽しかったらしく、また、魚釣りをしたいということもあったので、早速、予約をしに。。。ゲッ!3時間待ち。。。

さすがに、肌寒い雨の日曜日。

ちなみに、トランポリントリックアートクライミングも、3時間・4時間待ちでした。結局、断念して、キッズ・ベビールームへ、ここの空気の入った筒状のものに、6才の孫は1時間ほどはまっていて、2才の孫はボールプールにはまり、結局、クロスポの滞在時間のほとんどをここですごす形になりました。

  

その間、ジジとババは、マッサージチェアをしたり、懐かしいインベーダーゲームをしていました。

インベーダーゲームの名古屋打ちって、イカの位置、左右、どっちだっけ???

  

ちなみに、滞在中の2時間ほど、釣り堀の状態をちょくちょく見ていたのですが、誰一人、一匹たりとも釣れていませんでした。やらなくて良かった!

で、ホームページの釣り堀画像がこれ。

実際は、これ!

ちょっと、なんとかしてーーー!!汚)

ということで、そろそろ17時。孫たちは、これだけ遊んでも、足りないようなのですが、時間も時間なので、終了!

滞在時間2時間11分。

かかった費用は、3,456円。(2才は無料)そのほかに、有料の100円ゲームやジュースなども買ったので、ざっと4,000円というところでしょうか?(高速代別)

行き帰りを含め、半日間。休日の天気の良くない日には、リーズナブルな室内遊園地。孫たちも、おもいっきり遊んで、帰りの車の中で爆睡でした。

いい思い出になったんじゃないかな???

●クロスポ千葉浜野店 割引クーポン情報

●公式ホームページのクーポン

クロスポ公式ホームページにて、LINE登録すると、ボーリング靴レンタル無料などの毎週お得なクーポンをGET!できます。全額無料なんてあるのかな?

クロスポLINE登録>>>

子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」のクーポン

こちらも、クーポン画面を印刷して2Fカウンターで提示するとボーリング靴レンタルが無料になります。

子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」クーポン画面>>>

●ママの口コミを集めたおでかけ情報サイト「EPARKママこえ」のクーポン

こちらは、画面を印刷するか、スマホ等で展示すると通常300円の年会費が無料になります。期間限定ですので、お気をつけを!

「EPARKママこえ」クーポン画面>>>

クロスポ千葉浜野店 詳細情報

営業時間・休園日 24時間年中無休
料金 こちらを参照>>>
電話番号  043-208-2151
住所 千葉県千葉市中央区浜野町1025-240
交通アクセス 【電車】JR内房線浜野駅から徒歩8分
【車】京葉道路蘇我インター5分
駐車場

130台(無料)

ホームページ 公式ホームページ
【ここから近かいレジャースポット】