スポンサードリンク

スポンサードリンク


ムーミンバレーパークが2019年3月16日埼玉にオープン!

Pocket

ムーミン一家が暮らすムーミン屋敷やムーミンの物語を追体験できるテーマパークが2019年3月16日オープン!

ムーミン一家とその仲間たちや新しい発見に出会えるかも・・・。

ムーミンの物語を主題とした「ムーミンバレーパークとは

埼玉県飯能市宮沢湖周辺にムーミン一家とその仲間たち、そして新しい発見に出会える【ムーミンバレーパーク】が2019年3月16日にオープンします。

ムーミン一家が暮らすムーミン屋敷や、ムーミンの物語を追体験できる複数のアトラクション、物語の中で登場する灯台や水浴び小屋、ムーミンの物語の魅力や原作者トーベ・ヤンソンの想いを感じることができる施設などが連なります。

スポンサードリンク

すでに、2018年11月9日には、こころの豊かさにつながる北欧のライフスタイルを体験できる【メッツァビレッジ】が、入場は無料でオープンし、

周りには、多くのゴルフ場があるように日常的に足を運べるような自然豊かな公園機能を維持しつつ、自然を身近に感じて頂ける施設やアクティビティを展開。

新鮮な地元野菜や北欧雑貨などを購入できるマーケットやショップ、レストラン・カフェ施設、ワークショップ施設がお目見えします。

  

豊かな自然と一体になった場で体験による発見や気づきのテーマパーク

ムーミンバレーパークの企画運営事業を推進している株式会社ムーミン物語が掲げるミッションは、

従来の「行って・乗って・遊ぶ」というテーマパークとは違い、豊かな自然と一体となった場で、”体験”による“発見”や“気づき”を提供し、日々の生活を少し良質にしていただける場所を目指してるそうです。

ムーミン一家の暮らすムーミン谷をそのまま実体験できそう!

ムーミンバレーパークのエントランスでは、ムーミン物語の世界に期待を膨らませながら、ムーミン谷へ向かうことになるでしょう。

パーク内には、ムーミンパパが作った水浴び小屋や海のオーケストラ号・ムーミン一家が移り住んだ灯台等々、子供の頃に見たムーミンの世界観を思い出させてくれるような、また、お子様も新しい世界観に触れられるような忠実に再現しているパークとなっているようです。

ところで、あなたは、ムーミンの物語で思い出のキャラクターは誰ですか?

ムーミン一家はもちろん!という方も多いと思いますが、ムーミンの本名って、知っていますか?

ムーミン一家のほかに、思い出すのは、ミィ(リトルミィ)やスナフキン、それとも、得体の知れない生き物のニョロニョロ???

       

ちなみに、ムーミンの本名は、「ムーミントロール」と言うそうです。

もっと、詳しく! そもそも、ムーミンって?

ムーミンって、小さな頃から親しんだキャラクターですが、そもそも、カバじゃないんです。笑)

フィンランドの多島海を望むペリンゲという小さな村。その村にある一軒の家の外トイレのすきま風よけの厚紙に鉛筆描きの小さな絵がありました。今では色あせて輪郭もはっきりしませんが、大きな鼻のその生き物の下には「スノーク」と書かれています。この生き物こそが、初代ムーミン、今のムーミンの原形ではないかと言われています。

引用:ムーミン公式サイト

そして、原作者のトーベ・ヤンソン氏が20才のときに、「スノーク」をモチーフにした「黒いムーミントロール」という水墨画を描いたことから始まりました。

まだ、大きな鼻と耳はなく、今のようなかわいらしいムーミンではなく、むしろ赤い目をした恐ろしい妖怪のような姿です。

 ムーミンバレーパーク&メッツァビレッジ 詳細情報(発表次第随時更新)

料金 未発表
電話番号 未発表
住所 埼玉県飯能市宮沢
交通アクセス 【車】 圏央道狭山日高ICより約6km
【電車】西武池袋線飯能駅より
駐車場

未定

ホームページ 公式ホームページ