スポンサードリンク




江ノ島のイルミネーション&鎌倉しらす丼で一日満喫する?駐車場情報も!

Pocket

スポンサーリンク

江ノ島のイルミネーション「湘南の宝石」は、2012年に関東三大イルミネーション認定後、江ノ島の冬の一大イベントとして地域が一体となって盛り上げている多彩な光演出やイベント等の数々が見ものになっています。

ちなみに、2018年度の夜景観光コンベンション・ビューローが認定した関東三大イルミネーションは、江ノ島の「湘南の宝石」のほか、「さがみ湖のイルミリオン」・「あしかがフラワーパークのイルミネーション」でした。

夜景観光コンベンション・ビューロー HP>>>

ただ、せっかく江ノ島まで足を延ばすのなら、美味しいものも食べたいですよね!そして、江ノ島・鎌倉と言ったら、「しらす丼」!

残念ながら、湘南地方では、毎年1月~3月にかけてしらす猟の禁猟期間に入ってしまうため、年明けからは、生しらすを食べることが出来なくなります。

なので、イルミネーション&しらす丼のプランは、11月・12月中の年が明ける前に行きましょう。

 

スポンサーリンク

湘南・鎌倉地方で生しらすが食べられなくなる理由。

生しらすと言ったら、鎌倉・江ノ島ですよね!?ただし、この湘南地方では、毎年1月〜3月にかけてしらす漁が出来ない禁漁期間に入ります。

毎年1月~3月までの時期には、これまた、おいしい鮎。その鮎の稚魚がしらすの中に混ざっているため、その鮎の稚魚を保護するための期間だそうです。

鮎さんは、大きくなってから召し上がれ♪ということですね!?

  

また、湘南地方のしらすは、おいしいと言われる旬の時期が4〜5月・7月・10月の年に3回もあり、禁漁期間の年末年始以外は、ほぼ一年中しらすが食べられます。

春先の4月・5月のしらすがおいしいと言われていますが、秋のプリプリしらすも絶品ですよね!?ただ、イルミネーションの時期は、少々、旬の時期から外れているので、数量限定のお店もあることから事前にチェックしたほうが良いかもしれません。

【湘南エリア(江ノ島・鎌倉・腰越)のおいしい「生しらす丼」のお店】
★江ノ島エリア「月間平均検索ボリューム」ランキング
★鎌倉駅エリア「月間平均検索ボリューム」ランキング
★腰越エリア「月間平均検索ボリューム」ランキング
【とびっちょ本店に行って来ました。2018年11月27日(火)】

江ノ島に着いてすぐの駐車場(P1江ノ島なぎさ駐車場)に車を停め、道路の反対側にある「とびっちょ本店」に行きました。

時間は、11時半過ぎ。すでに、2組の方々が店頭で順番を待っていましたが、5分も待たずに入店でき、ラッキー!

オープンが11時からなので、ちょうど、オープンと同時に来店した方々が、一斉に食べ終わる頃だったみたいです。

  

メニュー選びには、結構、迷って、決まったのがこれです。

生しらす3色丼(生しらす・ネギトロ・いくら)1590円(税抜き)

ホームページのメニューには、釜揚げしらすバージョンはありましたが、生しらすバージョンは掲載していないメニューでした。

正直な感想は、生しらす丼のように、単純に生しらすだけでは、これといって歯ごたえもなく、塩味とかも付いていない。口に運んだ瞬間にツルっ!と喉の奥まで行ってしまう食感なので、物足りないです。

なので、ネギトロやいくらがあって正解でした。

江ノ島のイルミネーション「湘南の宝石」の見どころはこれ!

江ノ島のイルミネーション「湘南の宝石」には、いくつかの見どころとなるスポットがあります。どうせ見るなら、思いっきり迫力のある場所をGETしたいですね。

1.光の大空間~江ノ島のシーキャンドルライトアップ

江ノ島シーキャンドル(江ノ島展望塔)から360度全方向に吊るされた直径70mを超えるイルミネーションの数々は、心を奪われるかのごとく美しい姿です。また、シーキャンドルを昇り、塔の上から見下ろす江の島全体のイルミネーションの絶景は、息をのむ美しさです!!

日時 :会期中毎日開催
会場 :江の島シーキャンドル(江ノ島展望塔)
昇塔料:300円

2.湘南シャンデリア~江ノ島サムエル・コッキング苑

江の島サムエル・コッキング苑に入ると7万個の最高級スワロフスキー®・クリスタルビーズをふんだんに使用した、きらびやかなシャンデリアゲートとトンネルが光の大空間へとみなさまを誘います。

日時 :会期中毎日開催
会場 :江の島サムエル・コッキング苑
入園料:200円

3.そのほか、江ノ島岩屋・江ノ島ヨットハーバー・enoshima-光-michiなど!

江の島岩屋(第二岩屋)の幻想的な洞窟イルミネーションや期間中ヨットハーバーが美しいライトアップとイルミネーションで彩られ、島内からの美しい夜景スポットから望む美しいロケーションを楽しめます。

また、弁財天仲見世通りから始まる全長1Kmにおよぶイルミと夜景のenoshima-光-michi
湘南の宝石は、江の島内各所の夜景スポットから望む湘南夜景を楽しみながら、各イルミネーション会場を巡るイルミ鑑賞スタイルがその大きな特徴です。

・江ノ島岩屋イルミネーション

スポンサーリンク

・江ノ島ヨットハーバー

★江ノ島イルミネーション「湘南の宝石」見どころMAP

★江ノ島イルミネーションは、期間限定イベントも満載!

日程 会場 イベント 点灯時間
会期中毎日 江の島シーキャンドル 光の大空間
会期中毎日 江の島サムエル・コッキング苑 湘南シャンデリア
会期中毎日 中津宮広場、亀ヶ岡広場、御岩屋道通り、恋人の丘 enoshima – 光 – michi
会期中毎日 島内各所 島内各会場の
イルミネーション点灯
2018年11月23日(金・祝) 江の島シーキャンドル
イベントステージ
点灯式&
オープニングライブ
16:30〜
2018年11月23(金・祝)〜
2019年1月14日(月・祝)
江の島岩屋(第二岩屋) 江の島岩屋
イルミネーション
9:00〜17:00
2018年11月23(金・祝)〜
2019年1月14日(月・祝)
江の島ヨットハーバー 江の島ヨットハーバー
イルミネーション
17:00〜21:00
2018年12月20日(木)
〜25日(火)
江の島湘南港 南防波堤 湘南海上保安署巡視艇
「うみかぜ」
艦船ライトアップ
17:00〜21:00
2018年12月22日(土)
・23日(日・祝)
江の島湘南港 本船岸壁 海上自衛隊掃海艇
「えのしま」
艦船ライトアップ
17:00〜21:00
2018年12月23日(日・祝) 江の島湘南港 本船岸壁 海上自衛隊掃海艇
「えのしま」艇内一般公開
①9:00~11:00
②13:00~16:00
2018年12月23日(日・祝)
〜25日(火)
江の島シーキャンドル
イベントステージ
点灯カウントダウン&
スペシャルライブ
16:45〜
2018年12月下旬〜
2019年1月下旬
江の島サムエル・
コッキング苑
2万株のウィンターチューリップ開花&ライトアップ
2019年2月9日(土)
〜2月17日(日)
江の島サムエル・
コッキング苑、
江の島シーキャンドル
湘南の宝石フィナーレ

※点灯時間:11月23日(金・祝)〜1月14日(月・祝)17:00〜、 1月15日(火)〜2月17日(日)17:30〜
天候などによりイベントの一部が変更または中止になる場合がございます。

江ノ島イルミネーション開催時の駐車場情報

鎌倉・江ノ島近辺の観光は、やっぱり車での移動が便利ですよね!?しかしながら、高額な料金の駐車場や不便な立地の駐車場などもあり、事前の下調べなしでは、ランチ一食分くらい違ってしまいます。

そこで、おすすめの駐車場をいくつか紹介します。

P1、江ノ島なぎさ駐車場

江ノ島なぎさ駐車場は江ノ島の入り口にあり、一番見つけやすい駐車場で、一日最大料金も1,540円とリーズナブルです。ただし、イルミネーション期間中は、すぐに、満車になるので早めの駐車がおすすめです。

収容台数:327台

最初の2時間 / 620円
2時間超え 30分毎 / 200円
当日最大料金 / 1,540円(宿泊料金 / 500円

P2、藤沢市観光協会江ノ島駐車場

こちらも、なぎさ駐車場の次に入り口に近い場所にあります。収容台数が78台と小さな駐車場で、一日最大料金も設けていないので、少々、不便かも???

収容台数:78台

普通車 1時間毎¥400
大型 1時間毎¥1000

P3、江の島かもめ駐車場

こちらは、江ノ島のヨットハーバーに隣接する島最大の駐車場です。一日最大料金も設けてあり、各イルミネーションスポットにも近くて、とても便利な場所にあるので、一番のおすすめ駐車場です。

ただし、考えることはみんな同じ。一番目立つし便利なので、すぐに満車になります。

収容台数:504台

最初の時間 / 310円
2時間超え 30分毎 / 200円
当日最大料金 / 1,540円
(7・8月の夏のシーズンは、割高になります。)

P4、湘南港臨港道路付属駐車場

江ノ島の一番奥にある堤防沿いの駐車場で、決して広くはないのですが、他の駐車場に比べ目だっていないので、ちょとだけ空きの可能性が大きいです。

収容台数:320台

一般利用者1時間 / 300円
4時間超 一日最大料金/ 1,500円

確実に駐車場を確保したい方必見!

イルミネーション期間の駐車場確保は、その日のテンションを大きく左右する大切なものですよね!?

お目当ての駐車場が満車だったせいで、余計な時間をつぶし、その他の駐車場も手遅れで満車ばかりになった。。。ナンテ・・・。泣)

なので、確実に駐車場を確保するという安全第一主義なら、駐車場の事前予約を取っちゃいましょう。残念ながら、上記、島内の駐車場の予約は出来ませんが、江ノ島近辺の駐車場なら予約可能です。

それが、「akippa」。事前に停めたい場所の周辺の空き駐車場をスマホやパソコンで探して予約して支払いをしておけば当日は駐車場に困ることなくスムーズに駐車できる便利なオンラインコインパーキングです。

元々空いている駐車場を利用するので料金も格安になっています。



akippa駐車場だって予約ができる!【akippa】 >>>

江ノ島のイルミネーション「湘南の宝石」詳細情報

開催期間 2018年11月23日(金)~2019年2月17日(日)
営業時間 江の島サムエル・コッキング苑/江の島シーキャンドル
[平日および年末年始]17:00〜20:00(最終入場19:30)
[土日祝日および12月25日(火)〜12月30日(日)]17:00〜21:00(最終入場20:30)
電話番号 江ノ島電鉄株式会社 Tel:0466-24-2715(平日9:00~17:45)
藤沢市観光センター Tel:0466-22-4141(8:30~17:00)
住所 神奈川県藤沢市江の島
交通アクセス 東京・千葉・埼玉方面から横浜新道より国道1号線を江の島・藤沢方面へ。

静岡・東京・埼玉方面から東名高速道路「厚木IC」より国道129号を平塚方面 → 国道134号線を江の島方面

駐車場

上記参照 >>>

ホームページ 公式ホームページ
【ここから近かいレジャースポット】
【イルミネーション特集】

・東京周辺の人気イルミネーションやおすすめイルミネーションスポット!>>>

スポンサーリンク

スポンサーリンク