スポンサードリンク

スポンサードリンク


今年の東京ドームウィンターイルミネーションは、~江戸の粋・日本の華~。

Pocket

2018年の東京ドームウィンターイルミネーションは、今年で14回目。

東京のイルミネーションとしては、あまり知られていないスポットですね。でも、実は、毎年、さまざまなテーマに添ったイルミネーションは、口コミや評判のとても良い穴場スポットなのです。

今年のテーマは、「江戸の粋・日本の華」ということで、東京都の伝統工芸である「江戸切子」の輝きとデザインを光の演出で表現したり、厳選された本物の江戸切子の作品を見学できます。

2018年東京ドームウィンターイルミネーション

2005年以来、14回目を迎える東京ドームウィンターイルミネーション。2018年は、江戸の粋・日本の華ということで、「和風」Japanese Style をテーマに江戸切子などの伝統工芸や日本の暮らしをモチーフにした和の魅力満載のイルミネーションだそうです。 海外の観光客も狙っているのかな???笑)

 

毎年特別ゲストを迎える点灯式が見もの!

毎年、ウインターイルミネーション開催時には、多彩なゲストが点灯式に参加します。ちなみに、2015年はベッキーさん。2016年には中村アンさん、昨年の2017年は「ときめくスイーツー光り輝くあま~い贈り物」というテーマにあった橋本環奈さんでした。

2018年の点灯式の特別ゲストは、まだ、発表されていませんが、有名タレントさんが来るのは期待できますね。

スポンサードリンク

4つのエリアでそれぞれの魅力的なイルミネーションが見もの!

◆ラクーアエリアでインタラクティブシステムを実感!

「江戸切子の華」は最新のインタラクティブシステムを搭載

東京都の伝統工芸江戸切子の輝きとデザインを光の演出で表現しています。
インタラクティブプロジェクターから映し出される江戸切子のデザインが、人の自然なしぐさに反応する、まるで生きているかのごとく万華鏡のように変化します。また、厳選された本物の江戸切子の作品も展示します。

「手毬ドーム」のドーム型イルミネーションは天空に輝く満天の星空のよう。

高さ10m・直径12mのドーム型イルミネーション。フルカラーで変化する輝きは圧倒的なスケール感があり、目玉コンテンツの一つとなっています。(インタラクティブシステム搭載)

「万華鏡の道」は、全長約140mの光の回廊で連続した輝きが圧巻!

輝きの連続が美しい、全長約140mの光の回廊が今年も登場します。(インタラクティブシステム搭載)

そのほか、水面に揺らめくボール型イルミネーションや、ヒマラヤ杉を飾りつけたツリーなど見所満載のエリアです。

 

◆アトラクションエリア光り輝くツリーに心があらわれます。

「想い出の折紙広場」

バイキングゾーンに、鶴と風船で彩られた高さ約6mの光り輝く「想い出の折紙ツリー」が登場。ツリーの周囲にはインタラクティブプロジェクターで折紙の世界を演出します。
そのほかにも、イルミネーションの光がきらきらと反射する風車の小径もお楽しみいただけます。

◆クリスタルアベニュー

「大輪の花池」

クリスタルアベニュー1Fに、全長100mにわたって夏の風物詩「花火」をモチーフにしたイルミネーション
を展開します。大きな花火や、可愛らしい花球のオブジェが彩りを添えます。点火スイッチで花火が打ち
上がる演出も見どころです。

「竹あかり」

ミーツポートとアトラクションズエリアを結ぶ2F部分には、竹に美しい細工を施した全長100mの
「竹あかり」の回廊を設置します。

◆ミートポートエリアは美しい細工三昧!

「和傘の玉手箱」

日本の和傘産地として有名な、岐阜県の「和傘」をライトアップして展示します。繊細な糸かがりの美しい細工を間近にご鑑賞いただけます。

スポンサードリンク

東京ドームウィンターイルミネーション 詳細情報

開催日時 2018年11月7日(水) 17:00~(点灯17:15予定)
電話番号  03-3814-0109
住所 東京都文京区後楽1-3-61
交通アクセス 【電車】
  ・JR「水道橋駅」西口
・都営地下鉄三田線「水道橋駅」A2出口
・東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園駅」2番出口
・都営地下鉄大江戸線「春日駅」6番出口
【車】首都高速5号線で、池袋・高島平方面からお越しの場合は「飯田橋ランプ」、銀座・新宿方面からのお越しの場合は「西神田ランプ」で降り、外堀通りを秋葉原方面にお進みください。
駐車場 敷地内有料パーキングおよび近隣有料パーキングあり(詳細)>>>
ホームページ 公式ホームページ
【ここから近かいレジャースポット】