スポンサードリンク

スポンサードリンク


あしかがフラワーパークは日本最大イルミネーション認定の絶景スポット!

Pocket

あしかがフラワーパークのイルミネーションは、一般社団法人夜景コンベンション・ビューロの夜景鑑定士5212名が選んだ日本三大イルミネーションで2016年・2017年の二年連続全国第一位に選ばれた人気イルミネーションスポットです。

ちなみに、ほか2つは、「ハウステンボス光の王国」と「さっぽろホワイトイルミネーション」になります。

スポンサードリンク

あしかがフラワーパークのイルミネーションとは

あしかがフラワーパークは、栃木県足利市堀込町に1968年に「早川農園」として開園しました。その後、1997年に足利市迫間町に移転し「あしかがフラワーパーク」として新たにオープンした四季折々、数多くの花々で彩られており年間で 150万人 以上の来園者が訪れる花や木を通してその季節感あふれる園内を満喫できるスポットとなっています。

あしかがフラワーパークのイルミネーションは、圧倒的な450万球もの電球を装飾した2018年度で17回目の開催。「光の花の庭」と命名されたテーマの中でその内容は、時期に応じて変化し、

  • 10月27日~11月中旬「光と花のコラボレーション」~光とアメジストセージの融合
  • 11月下旬~12月下旬「フラワーパークのクリスマス」~クリスマスファンタジー・
  • 元旦~2月5日「ニューイヤーイルミネーション」光と冬咲きボタンの競演という構成になっています。

  

個人的には、千葉県の東京ドイツ村の300万球の「ウィンターイルミネーション」も圧巻でしたが、それ以上に栃木県という広大な敷地を確保できる土地柄ならではのさまざまなイルミネーションが満喫できます。

あしかがフラワーパークイルミネーションのおさえておきたい見どころ

・かわいいお城のフラワーキャッスル

2017年にあらたに誕生したイルミネーション「フラワーキャッスル」。こちらは、華やか&かわいい装飾が施されているお城。お城の会談も昇れ、間近かでかわいい様々なイルミネーションが輝いているのが見どころです。

・幻想的なみんなの地球

みんなの地球は、人間も動物も植物もみんなで1つの「地球」をテーマにつくられたイルミネーションで、水面を利用することで光の量が倍になり、さらに幻想的を空間を演出しています。地球の周りには、様々な動物たちが光輝いています。

・ストーリー展開の奇蹟の大藤

あしかがフラワーパークのシンボル「奇蹟の大藤」は、日本の女性樹木医第一号である塚本こなみ氏によって移植され、大藤(当時樹齢130年)の移植は前例がなく常識を超えた移植プロジェクトに全国から注目を集め、日本で初めての成功例として、話題となりました。

その大藤が煌びやかなイルミネーションによって、まるで春の藤を見るかのように「咲き始め」→「満開」→「舞い散り」までをストーリーのように変化し、見る人を魅了することでしょう。

・日本の四季「こころの故郷」

山の斜面を利用した光の壁画「こころの故郷」は、昔懐かしい段々畑や小川や小屋、そして、昔話に登場しそうなウサギや飛び交う赤とんぼなどをイルミネーションで表現しています。

まさに、こころの故郷を堪能できるスポットです。


そのほかにも、大地・太陽・平和・自然・空をイメージした、5色に輝くピラミッド「光のピラミッド」や煌びやかな夢心地の世界にひたれる花のトンネル「きばな藤のトンネル」などなど、現実を忘れさせてくれる幻想空間を満喫できます。

栃木県の足利市というと都心からかなり遠く感じますが、車で1時間半ほどです。また、12kmほどには、佐野プレミアム・アウトレットもあるので、昼間のショッピングも楽しめます。

スポンサードリンク

★割引チケットの購入方法と割引額

★公式ページからのメルマガ登録で特典GET!

あしかがフラワーパーク公式ページにて、無料のメルマガ登録をすると下記のような様々な特典が得られます。

  • 入園料割引券
  • ふじの花物語 または、藤まんじゅう割引券
  • 花売場での割引
  • ソフトクリーム割引券等々。

登録は、こちら>>>

★花おい倶楽部入会で特典満載!

あしかがフラワーパークの有料会員「花おい倶楽部」登録で、1年間入園料無料・おみやげ割引・食事優待・各種イベント優待等々、様々な特典が得られます。

・入会金 1,000円
・年会費 4,890円

詳しくは、こちら>>>

あしかがフラワーパークイルミネーション 詳細情報

開催期間 2018年10月27日(土) ~ 2019年2月5日(火) 16:30~21:00
料金 大人900円 子供500円(夜間のみ)・昼間部>>>
電話番号 0284-91-4939
住所 栃木県足利市迫間町607
交通アクセス 【電車】JR両毛線「あしかがフラワーパーク」徒歩3分
【車】【東北自動車道より】◎佐野藤岡ICより、国道50号前橋・足利方面進行(約18分)
駐車場

6000台 無料駐車場

ホームページ 公式ホームページ