ジブリ美術館は完全予約制!チケット購入方法は?お土産も人気♪

スポンサーリンク
ジブリの森 ネコバス10月

2001年に日本初のアニメーション美術館としてオープンした三鷹市立アニメーション美術館(三鷹の森ジブリ美術館)は、みなさんんご存知のスタジオジブリ事業部とか三鷹市によってる設立されました。

そんな、一度は行ってみたいジブリ美術館。

実は、美術館としては、かなりめずらしい「完全予約制」の入館方法を取り入れています。

そうなのです。

たまたま、近所まで出向いたからといって、寄り道がてらの入館は出来ないのです。

スポンサーリンク

三鷹の森ジブリ美術館(三鷹市立アニメーション美術館)とは

三鷹の森ジブリ美術館」は、その名のとおり東京都三鷹市にあります。館内は、まるで迷路のようになっていて、迷よいながらも製作スタジオを見学したり、様々なジブリのキャラクターに囲まれたれながら見学できるという「迷子になろうよ、いっしょに。」がコンセプトとのこと。。。

・ジブリアニメは常に。アニメの原理やスタジオ風景などなど豊富な展示内容なのです。
その展示内容は、

・【注目!】企画展示室

特定の作品や作家、製作スタジオに焦点を当てた企画展示中!
2019年11月16日〜2021年5月(予定)の企画展示室では、「手描き、ひらめき、おもいつき」展を開催いたします。

スタジオジブリのアニメーションの礎を築いた故・高畑勲監督や宮崎駿監督は、商業アニメーションの黎明期から、「登場人物とその日常を丁寧に描き、実写とは違ったリアリティをもたせることで、観客心に訴えてることかができてる作品」を目指原してるきましたん。
実際の作品作りでは、現実を写し取るための風景を選び、光の当て方で時刻や天候を表現し、物の材質や質感といったディテールさえも感じられるような色を選ぶなど、作品世界をより豊かにするための工夫を重ねてきたのです。
 本展示では、両監督が表現してきたもの、そのこだわりを彩色の面から解き明かしたいと 思います。
特に、両監督を支えた色彩設計の故・保田道世さんの手腕を、当時のセルを用いたて紹介します。

デジタルによる着彩やCGによる画面作りが主流になった昨今、セル絵の具による限られた色数の中で、監督からの要求に最大限に答える努力を惜しまなかったスタッフの知恵と工夫を間近に見ていただき、色で ´何が表現されたのか」を感じ取っていただければと思います。

引用:三鷹の森ジブリ美術館企画展示

ジブリの森美術館 企画展示

・映像展示室「土星座」

美術館用のアニメ作品や企画展示関係の作品が上映中!
ジブリ美術館内の地下一階には、収容人数80名ほどの小さな映像展示室「土星座」があり、ジブリ映画独特のオリジナルの9分〜15分ほどの短編アニメーションやおすすめアニメーションが公開されています。

ジブリの森の美術館映画一覧はこんな感じです。
  • くじらとり
  • コロの大さんぽ
  • めいとこねこバス
  • やどさがし
  • 星をかった日
  • 水グモもんもん
  • ちゅうずもう
  • パン種とタマゴ姫
  • たからさがし
  • 毛虫のボロ
・カフェ「麦わらぼうし」

何気に素朴で品数も少なめですが、本格的な味のオリジナルメニューを満喫できます!
メニューは、素朴で品数も少なめですが、有機農園からやってきた、新鮮で力のある素材を使い、心をこめて作っています。

“くいしんぼうのカツサンド”、”ふぞろいイチゴのショートケーキ” ・・・。テイクアウトでは、栄養満点のホットドッグ、新鮮な牛乳で作ったミルクと季節ごとに楽しめるさまざまなソフトクリーム、まじめな麦酒と麦茶などを用意しています。

季節を味わいながら、美術館ですごした不思議で素敵な時間に、もう少し浸ってください。

そのほかにも・・・。

わぁ、トトロが受付にすわっている!

実は、ここは、ニセの受付。トトロが本当の受付の場所を教えてくれます。トトロのニセの受付を通り過ぎれば、井の頭公園の森の木々に埋もれた地上2階、地下1階建ての建物が見えてきます。この、ちょっと変わった建物こそが「三鷹の森ジブリ美術館」です。正面の白い建物が本当の入口。扉をあければそこはもう不思議の世界です。

三鷹ジブリの森美術館トトロの受付

・ようこそ、不思議空間へ

天井を見上げれば、一面にフレスコ画が。
青空の真ん中にはニコニコ顔のお日様、青空に向かってニョキニョキっと伸びる木には、ぶどうやメロン、そして、見たこともないようなおいしそうな果実やお花がついています。

そして、目を凝らせば、ほうきに乗ったキキとジジやメーヴェに乗ったナウシカの姿もあります。他にも、たくさんのキャラクター達が天井を舞っています。

三鷹ジブリの森美術館不思議空間へ

・常設展示室「映画の生まれる場所(ところ)」

こちらは、5つの小部屋で構成されていて、アニメーションの原理、原始的なアニメなどの展示、製作スタジオの風景再現、歴代ジブリ作品の絵コンテなどの資料が見られます。

部屋の中には、本やガラス玉やたくさんのがらくたたちが転がり、壁には、イラストやスケッチが、隙間もないほどたくさん貼られています。部屋の天井からは、飛行機の模型やプテラノドンが吊り下げられています。

三鷹ジブリの森美術館 常設展示室

・ふわふわ ボヨーン ネコバス

2階の部屋では、ネコバスが子どもたちを待っています。「ネコバスに触ってみたい!!乗ってみたい!!」の思いを実現させたいと、なんとネコバスのいる部屋を作ってしまいました。映画に出てくるネコバスのふわふわ感。
あの思わず触ってみたくなるような柔らかい「ボヨーン」とした感触を、自由自在、思う存分に楽しんでください。
誰だってきっと一緒に入ってみたくなるはずです。

ジブリの森 ネコバス

スポンサーリンク

ジブリの森美術館は、まだまだ、あります!

・図書閲覧室「トライホークス」:
児童文学書(角野栄子『魔女の宅急便』など)やジブリ関係の書籍などを常備し、購入も出来ます。

・エントランスホール:
天井一面がジブリキャラの点在するフレスコ壁画になっています。

・売店「マンマユート」:
ここでしか手に入らないオリジナルグッズが盛りだくさん。

などなど・・・。

また、ジブリ美術館の最新情報は、こちらから見ることが出来ます。>>>

スポンサーリンク

三鷹の森ジブリ美術館 営業時間・料金・アクセス・駐車場 詳細情報

開館時間10:00〜18:00休館日:毎週火曜日
※入場時間は1日4回です。(※完全予約制※)
料金 おとな:1,000円・中高生:700円・小学生:400円・幼児:100円(4歳未満は無料)

予約チケット購入はこちら>>>

電話番号 0570-055777
住所東京都三鷹市下連雀1-1-83
交通アクセス【電車】三鷹駅南口からコミュニティバス約5分。往復320円
【車】※お車での来館はご遠慮ください。
駐車場なし
ホームページ三鷹の森ジブリ美術館公式ホームページ>>>

【ジブリの森美術館から近かいレジャースポット】

【番外】真冬でも室内で遊べるスポット

スポンサーリンク

【東京周辺の地域別人気レジャー&話題のイベントスポット】

東京都内の人気レジャー&話題のスポット>>>

千葉県の人気レジャー&話題のスポット>>>

神奈川県の人気レジャー&話題のスポット>>>

埼玉県の人気レジャー&話題のスポット>>>

茨城県の人気レジャー&話題のスポット>>>

栃木県の人気レジャースポット>>>

タイトルとURLをコピーしました