スポンサードリンク

スポンサードリンク


ソニー・エクスプローラサイエンスは想定外に見所満載!料金・割引きクーポンは?

Pocket

ソニー・エクスプローラサイエンスは、東京のお台場のアクアシティお台場旧メディアージュ)5Fにある光・音の認識から再生までのストーリーとして感じられる体験型科学館です。

科学館といっても堅苦しい感じではなく、大人も子供も楽しめるゲーム・音楽・映画などのエンタテインメント技術をワクワクしながら体験できるスポットです。

ソニー・エクスプローラサイエンスとは

ソニー・エクスプローラサイエンスは、2002年7月にメディアージュ(現アクアシティお台場)のリニューアルに伴い「ソニースタイル ショールーム」、「スタジオドリームメーカー」と共にオープンしました。

館内は、4つのゾーンと1つのスタジオに別れており、音をテーマにした「サウンドゾーン」・光をテーマにした「ライトゾーン」・「シアター&ワークショップゾーン」・「エンタテイメントゾーン」となっていて、オリジナルの企画展等を開催する「スタジオ SES」と見所いっぱいのテーマパーク的なサイエンスミュージアムです。

まずは、30秒でわかるソニー・エクスプローラーサイエンスから・・・。

サウンドゾーンでは、生活に身近な「音」を楽しく遊んでいるうちに、いろいろ学べるゾーン。

サウンドゾーンは、その名のとおり、「音」についてのいろいろな「遊び」があります。

「波形」について学べるアニマルサウンドウェーブでは、音は空気が震えることで伝わるという原理を動物と一緒にゲーム形式で体験できます。

タッチオンミュージアムでは、音楽について学ぶことができます。音楽は、・リズム(りつどう)・メロディー(おんかい)・ハーモニー(せい)から構成されているという原理を使って、落ちてくるボールにタッチして音楽を奏でるというゲームが出来ます。

ピッチスイッチは、自分の声の声音を高くしたり低くすることによって、声の「振動」を学べます。自分の声が変わっていく不思議を体験できます。

そのほかにも、ディレイトスピーチ・ミュージックスペース・サウンドカオス・ボイスビジュアライザー・ヴィジブルネットワーク・セルラーキューブなどなど、ソニーならでは!というような「音」ブースが満載です。

ライトゾーンは、「光」をCGやAR・赤外線カメラを使ったゲームで学べます。

モーションキャプチャーパペットは、自分の動きと同じようにスクリーンのロボットやウサギ・ペンギンなどが、リアルに動いてくれます。

つい数年前?までは、CG映画などで人の体中にマーカーを付けて撮影した場面も見た方も多いと思いますが、最新技術では、マーカーなしでCGが作れちゃうのが大人でもビックリです。

オーシャンコープは、海の中のバーチャルな生物を潜水艦に乗ってGETするというミッション。

GETした生物は、メールアドレスを入力するとすべてを見ることが出来ます。

ARヘンシンミラーは、こんな感じです。最近のスマホなどでもあるように自分の姿が動物やキャラクターに変化します。

そのほかにも、「ピクセルワイプ」・「デジタルイメージDJ」・「アハ!体験」・「イマーシブルウォール」などなど、まだ、まだ、たくさんあります。

4K/3D映像では、10分から15分ほどの最新の4K映像や3D番組を楽しめます!

物語「泣きべそジンと勇気の海」では、沖縄美ら海を舞台に繰り広げられる、男の子の不思議な体験の物語。「ナノペース」では、フル3Dによる生命の神秘に迫る再燃すアドベンチャー。

「ハイビジョン旭山動物園」旭山動物園の動物たちがリアルに動く「行動展示」も本当にその場にいるような感覚になります。

「宇宙のはじまりの物語」は、プラネタリウムなどにあるような宇宙のビッグバン以前とその後の様子を3D映像で見ることが出来ます。

「ソニーアクアリウム」は 沖縄美ら海水族館の3D番組です。本場の沖縄美ら海水族館では、ジンベイザメなどを見に、蒸し暑い沖縄の気候に関係なく、また、駐車場から延々と歩き人ごみを掻い潜りながら見た人も少なくないでしょう。

そんなジンベイザメも、映像ということを忘れるくらいの目の前を泳ぐ姿は、本場でも見ることが出来ないでしょう。

サイエンスシアターは、こんな感じ。

まだ、まだ、ライブショーやクイズラリー・ミニ実験・ワークショップ・企画展など紹介しきれないほどのコンテンツが満載です。

全体的に、ソニーの最先端の技術を学べる、というお堅い感じではなく、ゲーム感覚で親しみやすいとても楽しめる施設です。技術を駆使したプラネタリウムや立体的な影絵などは大人の私でも夢中になって遊べるところがいいですね。

また、各種イベントなども随時開催しています。

詳しくは、
公式ホームページソニー・エクスプローラサイエンス」>>>

★ソニー・エクスプローラサイエンスの割引チケットの購入方法と割引額

残念ながら、主なクーポンサイトでの割り引き情報はほとんどが終了しており、ありませんでした。

かろうじて、ソニー・エクスプローラサイエンスの半券で東京ジョイポリスの入場料が800円から500円になるとのこと。

東京ジョイポリス各種割引きサービスサイト>>>

しかしながら、入場料も安く、チケット半券あれば再入場できますので、これだけ充実した内容なので、正規の料金でも満足できると思います。

また、再入場は何度も出来るので、ランチに出向いたり、ビーチで休憩したりと気の向くままに遊ぶことが出来るのもうれしいです。

ソニー・エクスプローラサイエンス 詳細情報

料金 おとな 500円(16才~)・小人300円(2才~)

※毎週火曜日休館(連休時など変更あり)

電話番号 03-5531-2186
住所 東京都港区台場1丁目7-1 アクアシティお台場5F
交通アクセス 【電車】
台場駅より徒歩2分
東京テレポートより徒歩5分【車】
首都高速道湾岸線臨海副都心出口より1分
駐車場 アクアシティお台場有料駐車場か、近隣の公共駐車場。
※3,000円ごとのお買い上げで、アクアシティお台場有料駐車場の駐車サービス券を1枚(平日2時間無料、休日1時間無料。上限3枚)。
ホームページ 公式ホームページ

【ここから近かいレジャースポット】