子供が喜ぶ無料の見学&体験施設「パナソニックセンター東京」が侮れない!

2019

東京周辺の企業が開催している無料のイベントや施設って、結構、期待はずれのところが多くないですか?

今回、ご多聞にもれず、連休中の雨の中に、あまり期待をせずに向かった江東区有明の「パナソニックセンター東京」。

でも、そんな、思いとうらはらに、無料駐車場の時間制限である3時間を丸々楽しめちゃいました♪そんな、ある意味、期待を裏切る「パナソニックセンター東京」の見どころを紹介します。

 

スポンサーリンク

パナソニックセンター東京とは

パナソニックセンター東京は、2002年9月に「パナソニックセンター」としてオープンしました。その後、2004年10月に「パナソニックセンター大阪」が開業したことにより、「パナソニックセンター東京」と名称を変更したそうです。

施設案内

パナソニックセンター東京は、パナソニックのグローバルな総合情報受発信拠点です。

お客さま一人ひとりにとってのより良いくらし、より良い世界を目指す「A Better Life,A Better World」の実現に向けて具体的な取り組み、ソリューションをお見せし、お客さまから直接ご意見、ご要望をいただくコミュニケーションの場です。
「すべてはお客さまのために」を原点に、より多くの皆さまと接しながら新たな価値を創造してまいります。

パナソニックセンター東京は、お客さまとともに進化しつづけます。

引用:パナソニックセンターHP

 

1階には、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの催し物も盛りだくさん。

パナソニックセンター東京の1階では、現在、東京2020の公式プログラムとして、参加型アクティビティ「いっしょにTOKYOをつくろう。」プロジェクトが開始しています。

おおまかに、こんなタイトルのコーナーあります。

  • Wonder Life-BOX
  • オリンピック・パラリンピック
  • NEXTコミュニケーション
  • テクニクスリスニングルーム

などなどの良くわからない名前のコーナばかりですが、それぞれ、真新しいものがあります。

ちなみに、車で行くと、駐車場が施設の裏側の下記の上「西エントランス」のほうからの入館になります。

西エントランスのほうから入館すると、テクニクス リスニングルームとNAXT コミュニケーションのコーナーがあり、ここで、さまざまなイベントが催しされています。当日は、何もなかったけど・・・。泣)

そして、正面にインフォメーションがあり、そこで、こんなものも貰うことが出来ます。

スタンプラリーですね。これ、結構、むずかしかったりします。スタンプを全部集めると、○○○と○○○がもらえます。(チャレンジしてからのお楽しみ♪)

前もって、イベントスケジュールをチェックしておくと、このようなイベントを見ることが出来るようです。

パナソニックセンター東京イベント情報>>>

スポンサードリンク


・Wonder Life-BOX

※平日はビジネスユース専用・一般向けガイドツアーは土曜日開催。

こちらのWonder Life-BOXは、2020年から2030年の進化した家電製品や住宅設備を等のより良い暮らしを体感できるコーナーとのことですが、一般受付けはしていないようで外から眺める感じでした。

未来の街角ショッピング

ビジネスユースならこんな感じの内容が体験できるらしいのですが、ここは、スルー!!

 

・オリンピック・パラリンピック

こちらのオリンピック・パラリンピックは、「スポーツ」・「文化」・「教育」の3つのテーマに分かれており、それぞれの体験展示や歴史などを楽しくゲーム感覚で学べます。

・スポーツのコーナーでは、こんな感じです。

お気に入りだったのが、サーフボードにのって、正面に移るチューブライドを楽しめるコーナー。

そして、こんなスケートボードのミニチュアもあります。

そのほかにも、空手着を着て映像に移る師範の型を真似たり、下記のようなさまざまなコーナーがあります。

 

・文化のコーナーでは、TPOにあった着物の柄を自分好みに映像でアレンジしたり、料理の種類を専用の札を使って取り揃えたりと、なにげに、大人でもはまるコーナーが盛りだくさんです。

 

 

そのほかにも、日本ならではの12の季節とあわせて心地よく暮らしてきた先人の「しつらい(室礼)」の文化や、節分、七夕、十五夜などの年中行事に込められた想いを、展示やアニメーションでアレンジしたり、400色以上の四季折々の「色」を16の映像の演出空間で日本の美を体感できます。

 

・教育コーナーは、オリンピックの歴史や意義を楽しく学ぶコーナーです。

おおまかに、こんな感じ。。。

  1. オリンピック、パラリンピックの歴史や意義、国際親善や世界平和に果たす役割の理解。
  2. 世界の国々の文化や歴史を学び、交流することを通しての国際理解。
  3. スポーツを通した心身の調和的な発達。

そのほかにも、車いすや義足など実物を見て学ぶためのツールをご用意していたり、オリンピックおよびパラリンピックに関する様々な書籍を読んだりできます。

スポンサードリンク


・NEXTコミュニケーション

こちらのNEXTコミュニケーションのコーナーは、イベント会場になり、参加型アクティビティ「いっしょにTOKYOをつくろう!」というプロジェクトで、未来の東京に遺産をを引き継ぐために、次世代を担う子供たちや若者と一緒に、「スポーツ」「文化」「教育」をテーマに様々なアクティビティをイベント形式で開催しているようです。

当日は、なにも開催していなく、ガランとしてました。

今後の各種イベント情報は、↓↓↓で、チェックできます。

パナソニックセンター東京イベント情報>>>

 

  

 

2階には、子供たちが喜ぶゲームや体験展示が時間を忘れさせてくれます。

パナソニックセンター東京の2階では、エレベーターに乗り上がります。

そして、2階の全貌は、こんな感じです。

私達は、MAPの真ん中(1の横)のエレベーターから昇りました。エレベーターの斜め正面には、Quest Libraryなる画面がずらりと10台くらいかな???

 

画面上のいろいろなカテゴリーをタッチするとその内容を詳しく教えてくれます。

子供たちが喜びそうな科学を題材にした道具?がたくさんの「クエスト ギャラリー

【振り子】どれか1つの振り子を前後に揺らして、どうなるか?

【立体の体積】二つの枡で2分の1と6分の1を目盛りナシで量るよ。

【放物線の焦点】パラボラアンテナの原理をボールで体験!

【ケプラーの法則】アリ地獄のような穴にボールを転がすとどうなる?

 

まだ、まだ、あります。

など、など。。。

スポンサードリンク


なんといっても、子供たちの天国「ニンテンドー ゲームフロント」

ニンテンドーの最新ゲームや3Dなどが遊び放題!!この日は、混雑していなかったので好きなだけやってました。※通常は、一回20分の制限があるようです。

 

こちらは、ソファーに座って大画面で、リビング感覚で最新ゲームを体験できます。

最後に、マリオを「ハイ・チーズ!」

 

ちなみに、お腹が空いたら、カフェもあります。

 

有料の3階リースピア(ディスカバリーフロア)も行ってみたい。

今回は、1階と2階で、子供たちが疲れきってしまったので、3階は、また、次回。。。

ちなみに、3階は、こんな感じ。

3階 ディスカバリーフロア(公式サイトへ)>>>

3階 ディスカバリーラボ(公式サイトへ)>>>

 

パナソニックセンター東京 詳細情報

営業時間・休園日10:00~18:00  休館日 月曜日・年末年始
料金無料
※リスーピアの3階ディスカバリーフィールドのみ大人500円、半年パスポート(大人)1,500円
電話番号03-3599-2600
住所東京都江東区有明3丁目5番1号
交通アクセス【電車】りんかい線「国際展示場駅」徒歩2分・新交通ゆりかもめ「有明駅」徒歩3分
駐車場3時間まで。無料
ホームページパナソニックセンター東京 公式ホームページ
【ここから近かいレジャースポット】

コメント

タイトルとURLをコピーしました